B型肝炎

B型肝炎

スポンサード リンク

B型肝炎には、ウィルスキャリア(保菌者)という病態が存在し、キャリアの一部の人は肝炎が長い間持続し、慢性肝炎から肝硬変へと進んでいきます。

そしてキャリアになるのは、特殊な場合を除いて乳児期から幼児期に、ウイルスが体内に入り込んだケースに限られることが分かっています。

またキャリアの感染源は、同一家族内にある確率が最も高く、中でも母親が感染源として、お産の時にウイルスが感染すると考えられています。

さらにB型肝炎ウイルスは、肝臓で盛んに増殖して一部が血液中に入り、この汚れた血液が他人の血液内に入ることで、感染が成立します。

ただし日本では献血制度が完備され、輸血前に十分血液がチェックされているので、現在では輸血でB型肝炎に感染することはまずありません。

しかしキャリアの血液は、B型肝炎ウイルスで汚染されているので、この血液がB型肝炎の感染源として問題となっています。

なお、大人になってB型肝炎ウィルスに感染した場合、大部分の人は1,2ヶ月で完治しますが、ごく稀に劇症肝炎となって死亡することもあります。

Copyright © 2012 肝臓病@ガイド. All rights reserved.