皮膚に現れる症状

皮膚に現れる症状

スポンサード リンク

皮膚に現れる肝硬変の兆候として、手の平が紫味を帯びる色になり、特に親指と小指側に変色が強く現れます。

また胸・背中・上腕部に、毛細血管が拡張する症状も、肝硬変の兆候とされています。

ただし女性では、妊娠中やお産を経験した人の中には、肝臓病ではなくても、これらの皮膚症状が現れやすいことがあります。

さらに男性のおっぱいが大きくなる症状も、肝硬変の兆候として知られており、この症状は女性ホルモンによるためだと考えられています。

そのほか肝硬変の人の場合、横疸の元となるビリルビンという色素が体内で増えているため、これが皮膚に次第に溜まってきて、何となく黒ずんで見えるようになります。

Copyright © 2012 肝臓病@ガイド. All rights reserved.