肝臓の機能

肝臓の機能

スポンサード リンク

肝臓は、肝臓に流れ込む血液を一旦貯蔵し、その中から必要な材料を肝細胞の中に取り込み、体の色々な所で利用しやすい形に作り変えて血液中に分泌します。

そして肝細胞は胆汁を作って十二指腸に分泌し、胆汁の中には小腸で働く消化酵素や、体外に排出する老廃物が含まれています。

またタンパク質は、消化酵素に分解されてアミノ酸として吸収され、肝細胞で新たにタンパク質に作り変えられて体全体に送り出されます。

さらに不要なアミノ酸を分解するのも肝細胞ですが、その際に発生するアンモニアは有毒物質なので、これを尿素に変えて体外に排泄する働きもしています。

そのほか余分なブドウ糖は肝臓でグリコーゲンに変わって貯えられ、いざという時にはブドウ糖に変えられて、エネルギー源として使われます。

また余分な炭水化物も、肝臓で中性脂肪の形に変えられ、体の中の脂肪組織に貯蔵されていきます。

Copyright © 2012 肝臓病@ガイド. All rights reserved.